浦レポ by 浦和フットボール通信

無料記事:沖縄キャンプ3日目ダイジェスト

脳トレが、うまくいかなかったようで杉本健勇は首をかしげて考え中。

「脳トレ要素が強い練習に悪戦苦闘の選手たち 杉本も思わず首を傾げて悩んだ表情に」沖縄キャンプ3日目 写真レポート

疲労がたまり足が張っていて痛そうな森脇良太だ。

「激しい4対4のポゼッションゲームに選手たちもヘトヘト」沖縄キャンプ3日目 写真レポート

【僕たち同部屋シリーズ第1弾】エヴェルトンとマウリシオは10歳からチームメイト

「もともと友達だった」とエヴェルトン選手が言った友達とは、マウリシオ選手のことであった。

「再会することができてうれしい。僕としては、うれしいとしか言いようがないポルティモネンセで一緒にプレーしていただけでなく、マウリ(マウリシオ選手)と10歳のときに一緒にプレーをしていた。そしてポルトガルで再会をして、そして浦和でまた再会した。ブラジルという大きな国の人たちが、サッカー業界で再会できるのはビックリするよね」と親友との再会を心から喜んでいた。

新加入の鈴木大輔が存在感をみせる マウリシオも「非常に良い選手」と歓迎

「徐々に上げてきているので、キャンプが始まったなという感じ」と笑顔をみせたのは、新加入の鈴木大輔選手であった。

「身体を上げていくというところですが、やりながらモチベーションが上がる声をかけてもらったり、非常に気持ちを高めながらプレーができている。ピッチは完璧だし、ボールがすごく走るし、堅すぎることもないので良い身体が作れそう」と初めての金武町フットボールセンターでのキャンプに大満足していた。

青木拓矢が昨季レギュラーの座を射止めて迎える今季にかけた思いとは

満身創痍で挑んだ天皇杯決勝で栄光をつかみ獲ったが、その後の代償は大きかった。左肘を剥離骨折していた青木拓矢選手。昨シーズンの終盤に無理をしなければ、もっと完治は早かっただろう。

オフにも治療を続けた青木選手は「ちょっと動こうかなと、年始めに思ったんだけど、走ったりしても肘が痛くて、もう止めようと思い安静にして休んだ。実は、まだ痛みがある。自分でコントロールしながら練習している。

「ユース教授」安藤隆人が注目する、期待のルーキー岩武克弥の可能性

右サイドのスペシャリストがいよいよプロの世界に飛び込んで来た。大分県で生まれ育った岩武克弥は、地元の強豪クラブであるカティオーラFCでジュニア、ジュニアユース時代を過ごした。これまで藤田優人(現・ヴィッセル神戸)、河田晃平(現・ヴァンフォーレ甲府)、小手川宏基(現・大分トリニータ)らJリーガーを輩出したカティオーラは、技術だけでなく、球際の激しさや前への推進力を植え付ける指導をしており、岩武は常にベクトルを前に向けた仕掛けと、ボール奪取力、奪ってからの前への推進力を養った。

懐かしい顔、西澤代志也が沖縄一次キャンプに登場!【こぼれ話】

沖縄でのキャンプを過ごしているのは、浦和だけではない。Jリーグでは合計19クラブ(J1が10クラブ、J2が8クラブ、J3が1クラブ)が、沖縄でキャンプを行っているかこれからキャンプインをする。キャンプを取材するために、多くの報道陣がやってくるのだ。

「激しい練習でも笑顔をみせる男たち」写真ギャラリー<40枚>

浦レポ by 浦和フットボール通信とは?

浦和レッズの試合レビュー、練習レポートなどを配信中!

3年計画3年目でリーグ優勝を掲げるリーグ戦、3年ぶりの出場となるACLを戦う2022シーズンの浦和レッズ。この浦和レッズを毎試合プレビュー、レビュー。試合後の監督、選手コメント。大原練習場でメディア公開されるトレーニングのレポート、選手達の声などをお届けしています。またWEリーグを戦う浦和レッズレディースのトレーニングレポート、試合レポートもお送りしています。

過去1週間の記事一覧

○9/25
○9/23
○9/22
○9/21
○9/19

浦和レッズを徹底レビュー&レポート

『浦レポ by 浦和フットボール通信』は、浦和レッズの日々をレポートするウェブマガジンです。浦和レッズのトップチーム、レディースチームの試合レポートから、大原練習場での選手たちの日々、素顔をレポートしていきます。

特徴は、選手にフォーカスを充てたコンテンツです。J開幕からレッズを取材する、河合貴子氏による練習場のレポートでは、写真による練習場レポート、選手コラム、選手こぼれ話と、選手たちの同行から、素顔までを徹底レポート。轡田哲朗氏による試合レポート「轡田哲朗レッズレビュー」では詳細な戦術を解説する試合レビューを掲載しています。

試合レポート(アウェイ戦でレポートしない場合もあり)、練習レポート(週2回)で、毎週10本~15本のコンテンツを楽しむことができます。

主なコンテンツ

●「詳細な戦術解説試合レビュー」轡田哲朗レッズレビュー
●「選手に視点を充てた試合のポイントを解説」河合貴子 試合のポイント
●「写真で練習場の様子をレポート」大原練習場写真レポート
●「レポートでは紹介し切れなかった選手たちの表情」大原練習場写真ギャラリー
●「その日にピックアップした選手について」選手ミニコラム
●「練習場であった、ちょっとした話」選手こぼれ話
●インタビュー(不定期)

PC、スマートフォンでいつでもどこでも楽しむことが可能です。

〇練習場でのチーム、選手たちの様子を大原練習場からレポート

大原練習場から、写真レポート、練習レポート、選手コラム、こぼれ話をお送りします。

○轡田哲朗氏による、リカルドサッカー徹底レビュー

サンプル記事:3分かからず出た1つの形 相手が教えてくれる良い攻撃のやり方【轡田哲朗レッズレビュー/J第1節FC東京戦】

タカネエによる音声レポート「浦ラジ」も配信中

毎回1,000文字以上のコラムなどを楽しむことができます。サンプル記事

・秀逸だったクロスの動き、キーワードは敵将の「ブラインドサイド」【轡田哲朗ゲームレビュー/明治安田生命Jリーグ第22節 磐田戦】

・橋岡大樹がプロとして迎える初めての夏に、大きな壁にぶつかっている今の心境を語る【選手ミニコラム】

人気の記事

これまでアクセスの高かった人気のコンテンツは下記となります。

・自分の得意なプレーと誰かのために走ること 今のチームに欠けていることは【轡田哲朗レッズレビュー/J第6節川崎戦

・明本、小泉、汰木のキャラが生んだPK 「3-1-6」に対応しきった守備【轡田哲朗レッズレビュー/J第3節横浜FC戦

・クリスマスツリーにハマったビルドアップと、みんながボールを見ること【轡田哲朗レッズレビュー/J第2節鳥栖戦】

・オフ明けは軽めの練習に 西大伍、デンの状態は?【大原練習場写真レポ】

・アウェイで鳥栖に完敗 山中亮輔が危機感を露わにした部分とは【河合貴子 試合のポイント/J第2節鳥栖戦

レッズを熟知するライター陣

Jリーグ開幕からレッズを追い続ける河合貴子氏と、新進気鋭のライター轡田哲朗氏が独自視点でレッズの『今』をレポートします。

河合貴子 Profile
1992年Jリーグ開幕から地元ケーブルテレビの番組MCとして浦和レッズに密着取材をし続ける名物リポーター。姉御肌のキャラクターから、選手、サポーターから「タカねえ」の愛称で呼ばれている。

轡田哲朗 Profile
1981年10月30日生まれ、埼玉県出身。浦和生まれの浦和育ちでイタリア在住経験も。9つの国から11人を寄せ集め、公用語がないチームで臨んだ草サッカーのピッチで「サッカーに国境はない」と身をもって体験したことも。出版社勤務の後フリーに。

浦和フットボール通信とは

真に浦和と浦和のフットボールを愛する声を集めるサポーターマガジン(FANZINE)です。レッズライフがもっと楽しくなるコンテンツが満載です。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ