浦レポ by 浦和フットボール通信

スタメン、ベンチを入れて4人の選手を入れ替えて、編成としてミックスで挑む【マティアス・ヘグモ監督会見 全文レポ】

4月24日にアウェイ鳥取で行われるルヴァンカップ2回戦、ガイナーレ鳥取戦に向けてマティアス・ヘグモ監督のオンライン会見が行われた。この模様を全文レポートにてお送りします。

(次は大会が変わります。また連戦というところでチームマネジメントで注意されていることを教えていただけますでしょうか)

まずは日本でカップ戦に参加することを楽しみにしています。まあ、ノルウェーでもスウェーデンでも同じようにカップ戦がありました。そして最初の試合から難しい試合が待っていることも分かっています。そして今、我々がやるとしているサッカーをたくさん、そこでお見せすることができればと思っています。そして今年のルヴァンカップでもできるだけ高いところまで行きたいと思っています。我々にとって今年唯一のカップ戦の大会です。

(この大会は、今シーズンからJリーグの取り組みとして、J1からJ3までが揃って大会となりました。カテゴリーの違うチームとの対戦の時には選手たちどんな心持ちでいなければいけないでしょうか)

まあ、このような試合ではまずは正しいメンタリティを持って挑まないといけません。試合の開始直後からいい状態で、プレーをできるようにしないといけません。

(この大会は今年からJリーグの取り組みでベンチに9人入れます。普段のリーグ戦と2人多くなるんですけれども、この7人と9人の差っていうのは監督にとってどういうものだって感じていますか)

(残り 3683文字/全文: 4286文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ