浦レポ by 浦和フットボール通信

小菊昭雄監督「2戦目は点を獲りにいかないといけないが、逆にやることがはっきりした」【ルヴァン杯準決勝第1戦C大阪戦後 監督コメント】

小菊昭雄監督

―試合の総括について

前半は早い時間で先制をして、意図的に守備からしっかり入ってゲームをコントロールするという前半だったと思います。後半少しブロックが下がりすぎてしまいました。次はシンプルに点を獲りに行かないといけない。準々決勝の試合でもアウェイで劇的なゴールで準決勝に進みましたので、この結果は決してネガティブに思っていません。

―後半は少し下がってしまったということだが

(残り 604文字/全文: 795文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ