浦レポ by 浦和フットボール通信

伊藤敦樹「アウェイゴールを獲れたのはポジティブに捉えて良い セレッソが前に出て来てくれた方が戦いやすい」【ルヴァン杯準決勝第1戦C大阪戦後 選手コメント】

伊藤敦樹選手

―1stレグは、アウェイで引き分けという結果になったが

アウェイゴールを1点獲れたのはポジティブに捉えて良いと思いますし、後半は今までのリーグ戦に比べて自分たちのやりたいことが出来たのもポジティブだと思います。

―後半は、少しサイドに早めに人数をかけて、サイドを飛ばした時に孤立させるのを変えたのかと思ったが

前半は相手にはめられることが多くて、今日の狙いとしては自分と佳穂君が降りた所で、相手のボランチを引き連れて、そこにサイドバックの関根君だったり、デヴィを使うイメージでしたけど、今日は憲君が降りて結構フリーでボールを持てて、後半は簡単にサイドをふって、そこから人数をかけてチャンスを作れていたので、次は後半のイメージをもって戦いたいです。

―セレッソとはリーグ戦で苦戦して、今日も前半苦戦したと思うが、彼らのどういう所に難しさを感じるか

(残り 716文字/全文: 1090文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ