浦レポ by 浦和フットボール通信

リカルド監督「後半は修正ができて良いプレーができた (納得がいっていない表情だった)小泉とは交代理由を説明して解決した」【ルヴァン杯準決勝第1戦C大阪戦後 監督コメント】

リカルド・ロドリゲス監督

―試合の総括について

まず我々が立ち上がりに失点をしてしまって、上門選手については岡山やJ2のクラブでプレーをしているのを知っていた選手ですが、得意なミドルシュートにやられてしまいました。前半は小泉がGKとの1対1がありましたが、それぐらいが唯一のチャンスで、我々としては最後の所、バイタル近くの所の精度が足りなかったかと思います。ただ、後半はしっかり修正が出来て良いプレーが出来たと思っています。非常に良いプレーができましたし、同点ゴールもそうですし、2点目に近い展開まで近くまでもっていけたかと思います。セレッソ側に決めてもおかしくないシーンがあったのも事実なので、そこは改善点です。ただチームは非常によくプレーをしてくれたと思います。わずかに我々の方にアドバンテージがあると思います。日曜日の試合では切り替えて最大限の力を出してプレーをして勝利をしたいと思っています。

―後半、小泉選手と交代をした時に、彼が納得していないようなリアクションを取って話している場面がありましたが、あの時にどのような話をしたのか、またベンチやロッカーに戻って話をして解決をしているのか教えてください。

(残り 130文字/全文: 633文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ