仙蹴塵記

【次戦への準備から】明治安田生命J2第37節・徳島戦。気持ちよくボールを持てるのはどちらか

ベガルタ仙台は明治安田生命J2第36節・栃木戦で6試合ぶりに勝利した。1-0というスコアは、今季についていえば36試合にして初めてのことだった。ここまで攻撃力を前面に出して押し切る試合が多かった仙台だが、伊藤彰監督は就任前のチーム状態を見てバランスの改善を重要課題の一つに挙げ、「どれくらいパワーを持って守備ができるかを合わせていくことは、少し変えなければいけない」と修正しているところだ。

(残り 1279文字/全文: 1474文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ