仙蹴塵記

【次戦への準備から】明治安田生命J2第27節・岩手戦。苦い経験が糧となるのはどの瞬間か

真瀬拓海は明治安田生命J2第26節・琉球戦で、ベガルタ仙台にとっての先制ゴールを決めた。右サイドで平岡康裕のボールを受けて抜け出し、加藤千尋に一度ボールを預けて動き直す。右から進入したペナルティーエリア内でシュートに持ちこみ、一度は弾かれたものの左足で蹴りこんだ。

ほんの2週間前に、彼には同じようなエリアから決められず、悔しい経験をしたことがあった。

(残り 1141文字/全文: 1316文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ