福島ユナマガ

キャプテンMF諸岡裕人「ハットさん(服部年宏監督)と最初にしゃべった時に『プレースタイルが現役の時と似た部分がある』と言われ、いろんなことを教えてもらったのが本当にありがたいことだった」【第34節愛媛戦に向けて】

――1ゴールの藤枝戦を振り返って(ユナマガ小林質問)

昇格を争っているチームとこういう時期に試合できるのは、チームにとってはプラスだと僕は捉えていました。こういう緊張感がある雰囲気のゲームで、一人一人が何ができるかだったと思うので、ああいう試合で勝たないと昇格という言葉を口にする権利が無いのかなと自分で思って試合に入りましたし、試合後も力の差が改めてあるな、と正直に感じました。

――それでも1ゴール決めて意地を見せましたが(ユナマガ小林質問)

ずっとチームを勝たせたいと思って、チーム立ち上げの時からずっと言ってきましたし、そういう面で数字は取れるにこしたことはないです。それでチームを助けられるのは間違いないので、常に点を取りたい、点に絡みたいと思ってやってきました。なかなか良い数字は残せていないですが、ゴールを決められたのは自分にとっても大きかったですし、前半戦0-6にされた相手ですし、あそこでズルズルと行きかねない展開だったので、あそこで1個返せたのは良かったかなと思います。

――今季諸岡選手自身、プロ初ゴールも決めましたし、攻守に奮闘して個人として成長できたシーズンだったと思いますが(ユナマガ小林質問)

(残り 1253文字/全文: 1763文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ