福島ユナマガ

服部年宏監督「選手たちには『持たれるんじゃなくてわざと持たせるんだよ』という言い方をして我慢する時間が多かったが、選手たちが必死にやってくれて結果が出たことは本当に良かった」【第25節長野戦後コメント】

(コメントはクラブ提供です)

まず、福島から来ていただいたサポーターに久しぶりに勝利を届けることができたのは本当に良かったと思います。

ゲーム内容としては長野さんのストロングである引き込んで剥がされて追いかけるという守備をどうしてもしたくなくて、ある程度持たせて、選手たちには「持たれるんじゃなくてわざと持たせるんだよ」という言い方をして、我慢する時間が多かったのですが、選手たちがそれに対して必死にやってくれて、良い結果が出たことは本当に良かったと思います。

もう少し細かく言うと、自分たちはそもそもやはりボールを握って攻撃的なチームではあるのですけど、ピッチ状況であったり、相手のプレスであったり、そういうことも考えて、あと今日はとにかく勝ちたいという気持ちもあったので、相手の嫌なこと、自分たちがやりたいことよりも、相手にやらせたくないことを優先してプランを立てて、それを選手が遂行してくれたのだと思います。

ただ、長野さんもうまく前半のところでは(福島の守備が)行けないところでは深いところまで押し込まれる場面があったのですけど、後半そこは修正できて、ある程度高い位置でプレーできたことと、良い形で奪えて結果的にカウンターから点が取れたというのは良かったと思います。

本当に選手たちが頑張ってくれた結果だと思いますし、なかなかモチベーションとして上に今すぐ届くという順位、勝点では無いのですけど、ただやはり1試合1試合やっていくことが自分たちのためになるとか、次につながるという話を選手たちに試合前にして、こういう結果が出ることによって次のステップに進めると思います。

――前半相手に持たせる我慢の展開でしたが、後半はボールを握れていました。明確にハーフタイムにプランを切り替えようとしたのですか。

(残り 433文字/全文: 1180文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ