福島ユナマガ

服部年宏監督「福島のサポーターのみなさんが松本のサポーターを見てどう思ったか、クラブとして大きくなるための良い試合になった」【第24節松本戦後コメント】

声出し応援のホーム最初の試合であり、多くのサポーターに入っていただいた中で、結果が出なかったのは非常に申し訳ないと言うか、残念な気持ちでいっぱいです。

ゲームに関しては最初から注意していた、前回もそうだったのですが、立ち上がりとカウンターには気をつけろよ、という話はしたのですが、やはりそこで相手のスピードに慣れる暇なくやられたということで、まさに前回対戦した時と同様の流れになってしまったのは非常にもったいなかったと思います。

その後チャンスはいくつかあった中で決めきれなければこういう結果になるという良い例と言ったらおかしいですが、サッカー界ではよくあるのですが、やはりそこで点を取ることで流れを変えて勝ちを引っ張ってくる、そこまでまだまだうちは力が足りないのかなと思います。

あとやはり松本さんのパワーやスピードであったり、個のところで差はかなり選手も感じたと思いますし、まだまだ鍛えなければいけないと思いました。

ただ、良いシーンもいくつかあったので、そういうところは継続しながら、課題であるところはいろんな形で改善していかなければいけません。

最後になりますが、松本さんのサポーターがあれだけ入ってくれて、久しぶりにサッカーっぽいと言ったらおかしいのですが、そういう日常が戻ってきたことが非常に嬉しいことと、福島のサポーターのみなさんが松本のサポーターを見てどう思ったか、今後どうしていった方が良いのか、そういうところまでクラブとして大きくなるための良い試合になったんじゃないかと思います。

――長野星輝選手を先発起用し、延祐太選手を後から投入していましたが、長野選手のパワーを最初に使って、延選手の背後を取る動きを後半使いたかったのでしょうか(ユナマガ小林質問)

(残り 608文字/全文: 1340文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ