浦レポ by 浦和フットボール通信

西川周作「1対1を止めたシュートでお腹にミミズ腫れの跡ができるぐらいの力だった 長谷部さんの偉大さを感じることができて良い時間だった」【フランクフルト戦後 選手コメント】

西川周作選手

ー今日の試合はどうだったか

内容が濃い45分間でしたけど一年を締めくくる上でも勝った終わりたかったので、チームも得点をたくさん取ってくれましたし、気持ち的には余裕をもって挑むことができました。

―長谷部選手との対戦はどうだったか

たくさんの人が期待をしていますし、たくさんの人を魅了する力を持っているのは、この前だと阿部さんだったり、長谷部さんだったり、偉大な先輩がいることは価値があることで、自分がその存在になれるかというとそう簡単なことではないですし、改めて浦和レッズのサポーターに愛されているなと感じることができましたし、長谷部さんの偉大さを感じることができたので、良い時間になりました。

―今季最後の試合となりましたが、西川さんから見て、来季に繋がるものがあったか

(残り 595文字/全文: 933文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ