浦レポ by 浦和フットボール通信

安藤梢「決勝の最高の舞台でゴールを決めてやろうと思って臨んでいた」【WEリーグカップ優勝コメント】

安藤梢選手

―1点ずつ返すと言っても流れを引き寄せるのは難しかったと思うが

1点入った時にみんながいけるという気持ちにぐっとなった感じがありましたね。

―ベレーザは若くてまずいという感じになったのが分かったという感じか

そんなことはなくて、岩清水選手が相手にはいるので、慌てないなという引き締める選手がいるので嫌だなということはピッチの中で感じたんですけど、レッズの選手達も2トップになって、自分達のスピード、やることがはっきりして相手の弱い所を突いていけたかと思います。

―前半は相手の帰陣も早くて、崩す一歩手前までいくんだけれどもという所だったが

(残り 1329文字/全文: 1599文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ