浦レポ by 浦和フットボール通信

清家貴子「サポーターの雰囲気で簡単には諦めさせてくれない感じをヒシヒシと感じていたので、良い形でボールが入って煽られる感じでゴールになった」【WEリーグカップ優勝コメント】

清家貴子選手

―今日の試合を総括してください。清家選手が2トップになった所で流れが変わったと思うが

前半は浦和のペースで進んでいた中で、失点をしてしまって、そこから後半途中まで嫌な流れになって自分たちの距離感でボールが動かせなくて、相手が持つ時間が長くなってさらに失点をしてしまって、かなり苦しかったんですけど、西が丘の雰囲気というかサポーターの雰囲気で簡単には諦めさせてくれない感じをヒシヒシと感じていたので、良い形でボールが入ったので煽られる感じでゴールまでいって、そのゴールが結果としてチームとしてスイッチになったと思うので、そこからみんな一つになってレッズの良さが出たのかなと思います。

(残り 145文字/全文: 440文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ