仙蹴塵記

【選手の声から】富樫敬真選手「何よりも気持ちの面で上に立とうということで、いつも以上にいい準備ができたんじゃないかと思います」+フォギーニョ、蜂須賀孝治

FW 42富樫敬真選手

「立ち上がりからいい入りができて、先制ゴールが自分たちにとっても、相手も先制された試合であまり勝っていないということでも、大事になってくると思っていたので、前半から良いゲームメイクができたと思います。ただし前半にパワーを使ったぶん、後半に少し厳しいところがありましたけれども、最後は執念で勝つことができて良かったですね」

Q:ホーム最終戦に向け、どのような心境でしたか?

「いろいろなものがかかったホーム最終戦だったので、何よりも気持ちの面で上に立とうということで、いつも以上にいい準備ができたんじゃないかと思います」

(残り 1087文字/全文: 1354文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ