仙蹴塵記

【次戦への準備から】明治安田生命J2第31節・大宮戦。勢いが強まる時間帯はいつか

ベガルタ仙台の10日の練習では、メニューの柱の一つに対人練習が組まれていた。フィールドプレーヤー同士での数的同位の場面からスタートし、そこにGKやフリーマンを加えて数的優位の状況に持ちこむこと、それ以前に一対一の戦いで勝つことが求められる。ポジショニングなど細かい戦術的な目的が設けられることも多いが、まず目の前の相手との競り合いで勝つことが前提のメニューだ。

(残り 1030文字/全文: 1210文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ