仙蹴塵記

【練習場から】節目を迎えた2人に届いた声

名倉巧と蜂須賀孝治。6日の明治安田生命J2第30節・金沢戦ではともに先発出場し、右サイドでコンビネーションを見せた2人だ。7月16日のJ2第27節・岩手戦で名倉が勝ち越しゴールを決めた後には、一緒にエアギターパフォーマンスを披露した2人でもある。

そしてこの2選手は、前節・金沢戦でそれぞれ節目を迎えていた。J1・J2を合わせたリーグ戦の出場試合数が、名倉は100試合、蜂須賀は200試合に到達した。どちらにとっても大きな一歩となったこの試合で、チームの勝利に貢献。そして、この記念すべき試合で、今季初めて仙台サポーターによる声出し応援を受けることができた。思い出深いこの一戦を、それぞれに振り返ってもらった。

(残り 134文字/全文: 1402文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ