浦レポ by 浦和フットボール通信

指揮官の考えは昨季がベースか 柏木&杉本がトライするコンビの作り方

(Report by 轡田哲朗)

オズ「この厳しい時間が試合を楽にするんだ」

浦和レッズは2月2日に、沖縄県で行われている2次トレーニングキャンプの2日目を迎えた。前日に輪をかけての暑さで、温度計などは見ていないけれども、関東から見れば4月後半から初夏にかけての陽気のようなもの。まさに「キャンプに来ているな」と実感できる空気に包まれた。

ファブリシオはウォーキングなどのリハビリ、武藤雄樹と青木拓矢はピッチに姿を見せず、大城蛍はウォーミングアップまでを一緒に行い、その後は別メニュー調整をしていた。一方、前日を体調不良で欠席した興梠慎三は元気にピッチへと戻ってきている。

まず、ウォーミングアップの時にオズワルド・オリヴェイラ監督が選手に掛けていた言葉がとても印象的だった。

「辛い、厳しい時間だね。だけど、この厳しい時間がシーズンに入って試合を楽にするんだよ」

(残り 1856文字/全文: 2231文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ