■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

浦レポ by 浦和フットボール通信

駒場に「帰ってきた」安藤梢 若いチームに突きつける厳しい要求とは【轡田哲朗レッズレビュー/プレナスなでしこリーグカップ1部 Bグループ 第4節 vs仙台】

(取材・文)轡田哲朗

仙台に無失点も後半はシュート0という記録に

浦和レッズレディースはマイナビベガルタ仙台とのなでしこリーグカップ第4節のゲームをスコアレスドローで終えた。前節のINAC神戸レオネッサ戦から続く4-3-3システムでスタートした浦和は、後方からのビルドアップに安定感こそ見えたものの、ゴール前に入り込むには至らず。逆に、鋭いカウンターから多くのピンチを招いた。GK平尾知佳の好セーブがなければ、失点しておかしくないゲームだった。後半から4-4-2システムに戻すと、全体的な安定感は増したもののさらに攻撃は低調に。公式記録上、後半のシュート0本という試合になった。

石原孝尚監督は「もっとゴール前に入り込みたかったが、イメージよりもうまくいかなかった」と話す。3トップの採用も安藤梢が加入しての公式戦も2試合目ということもあり、こうした上手くいかない状況は仕方ない部分もある。同時に「安藤ありきのシステムではない」とも話し、状況を見極めていく考えを明らかにした。

(残り 1757文字/全文: 2192文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ