仙蹴塵記

【この瞬間から】明治安田生命J2第35節 大分戦 12分

ベガルタ仙台が伊藤彰新監督を迎えて臨んだ明治安田生命J2第35節・大分戦は、0-1の敗戦に終わった。点差こそ1だが、内容面ではそれ以上に差があった。顕著だったのがボール保持の部分。やはり長年ボール保持に重きを置いてきた大分が今季にまた新たなかたちを磨いていることで、簡単に太刀打ちできるものではなかった。伊藤監督は「途中からボールを持たれたところで我々としては少し引きすぎてしまった」と、ボールを保持して主導権を握ることができなかった試合展開を悔やんだ。

(残り 1155文字/全文: 1410文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ