仙蹴塵記

【この瞬間から】明治安田生命J2第27節 岩手戦 64分

取りも取ったり5ゴール。今季最多のゴールラッシュで、ベガルタ仙台は明治安田生命J2第27節・岩手戦を制した。ゴールシーンだけでも5回あるのでどの瞬間を振り返るか嬉しい悩みだが、今回は勝ち越し点となった64分の場面を取りあげる。

1点をリードして試合を折り返すも、警戒していた後半立ち上がりに失点し追いつかれた。しかも、押しこまれて“崩された”のではなく、自らのミスに起因する“崩れた”失点……しかし仙台は悪い流れに陥ることなく、粛々と後半にやるべきことを実行した結果が、名倉巧のファインゴールに繋がった。

(残り 1296文字/全文: 1575文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ