福島ユナマガ

できることは増え、やるべきことはやれていたが…2試合連続ドロー【第5節讃岐戦レビュー】

2022明治安田生命J3リーグ第5節

カマタマーレ讃岐0-0(前半0-0/後半0-0)福島ユナイテッドFC

3週ぶりにアウェイで行われたカマタマーレ讃岐との一戦は、福島が再三決定機をつくりながらあと一歩で決めきれない展開が続き、スコアレスドローに終わった。

決定機としては福島の方が多かった。意図的に相手の背後を崩すことができており、どれか一つでも決めきっていれば勝てた試合だったが、シュート精度を欠いたことと、相手GKのビッグセーブ連発が大きく響いてしまった。

このような試合になった要因としてはいろいろな要素があるが、一つはやはり急に20℃以上に気温が上がった中で行われた今季初めてのゲームだったことは大きく影響しただろう。

(残り 1812文字/全文: 2122文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ