「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

チームの前進を感じさせる二発で快勝/【レビュー】明治安田J1第4節 ヴィッセル神戸対鹿島アントラーズ

細かい点で修正すべき部分はあるものの来日したばかりのレネ・ヴァイラー監督もこの試合には満足したのではないだろうか。

縦に速く。攻守においてアグレッシブに。

これまで彼がオンラインでの会見やメッセージビデオに散りばめてきたキーワードが随所に感じられる内容だった。

1点目はCKからブエノと三竿健斗の急造CBコンビが競り勝ったところで生まれたものだが、そもそもは速い攻撃から奪ったCKが始まりだった。2点目もそう。攻撃に転じる相手からボールを奪い取り、すばやく前線に繋いで攻め切った。鈴木優磨のゴールが圧巻だったとはいえ、土居聖真が縦につけたタイミングこそレネ監督が求めるものと思われる。

4試合で3勝1敗。取り組むなかで、さまざまな選手を起用し、いろいろなシステムに取り組みながら一つの方向性に進んでいくことができた。

「監督がどのようにチョイスしながらチームづくりをしていくのかという面でも、(中略)いろんな幅を持ったチーム作りができるようになったかなと思いますので、ここからは逆にスタッフとして支えながら楽しく見ていきたいと思います」

いい形で監督にチームを引き継ぐ岩政大樹コーチも胸を張る。彼の功績が大きいのはもちろん、選手たちも新しい鹿島を作ることに積極的だったことで、チームの戦い方が高まってきた。

 

 

(残り 2293文字/全文: 2880文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ