■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

秋田サッカーレポート

【J2第12節】ブラウブリッツ秋田 vs ファジアーノ岡山 田中裕人選手試合後コメント「翔大とカジにボールが入ったときに、2人を追い越したりサポートしたりすることをもっと意識しなければ」

 

 

 

秋田 vs 岡山 Jリーグ公式サイト試合情報

https://www.jleague.jp/match/j2/2023/042916/live/#live/

 

–90分を振り返って。

結果がすべてなので。負けたからよくなかったかなと思います。

僕が思ったのは、相手のチャンスも少なかったですけど、こっちのチャンスも少なかったかなっていう印象。(前節の)長崎戦は逆にチャンスも多かったと思うんですけど失点も多かったっていうのもあるし。

そこを「丁寧に行き過ぎた」という言い方じゃないですけど、攻撃でもポケットを取る回数が多かったのにやり切らない攻撃というか、結局相手のゴールキックで終わっちゃうとか、CKを取れないっていうのがたぶんあったと思うし。そこをもっと改善すれば、セットプレーは秋田の強みでもあるから、その回数が増えるほどもっとチャンスも増えると思うんで。そこが惜しかったかなと思います。

 

–そうした意識が、前半終了間際の田中選手のミドルシュートにつながったでしょうか。

あそこは決めたかったし、その前にもっとああいうシュートを多くしないと。跳ね返りとかでもチャンスが来ると思うんで。シュートをもっと打たないといけないなとは感じてました。

 

–前線がシュートするシーンがなかなかありませんでした。相手の守備もあることですが、自分たちの問題でしょうか。

(残り 1627文字/全文: 2274文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ