Dio-maga(ディオマガ)

【フォトレポート】守備陣にも問われる「誰が出ても」。

オフ明けの練習メニューはやや軽めのもの。アップも入念に行い、パス&コントロールと3チームに分かれたパスゲームで全体練習は終了となった。

横浜FC戦、千葉戦と2試合続けて2-0での勝利。横浜FC戦でチアゴアウベス、千葉戦で樺山諒乃介と、途中出場の選手がまた結果を出してくれた。
トップ、セカンドトップ、両サイドハーフの4つのポジションは、現在それぞれ2人ずつでターンオーバーできるほどの層の厚さがあり、それがこの連戦でも活きて後半の得点数増につながっている。

(残り 706文字/全文: 1001文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ