浦レポ by 浦和フットボール通信

大久保智明がプロ2年目に勝負をかける この一年で成長したと感じている部分とは

(Report by 河合貴子)

ドリブルでアクセントをつける

勇猛果敢にドリブルを仕掛け、パス&ゴーでDFの裏へと飛び出していく大久保智明選手。「小さなスペースの中でのドリブルは、他の選手とは違う。細かいスペースだったり、瞬間に飛び出すことで差をつけられる」と自信を見せた。

リカルド・ロドリゲス監督体制2年目となる今シーズン、沖縄キャンプのリモート会見で話しを聞いていると、大久保選手は自身がやるべきことが何なのかがしっかりと整理されている印象を受けた。

「ポゼッションをしていく中、最後に点を獲るところでパスだけで崩せることはあまりない。得点が生まれる時は、1枚(DFを)剥がしたりとかイレギュラーのことが起きた時に(相手が)崩れたりするところで点が生まれたりする。自分は流れの中で、あえて流れに従わずというか、その中でドリブルを1つ入れることで相手を崩すことがあるので、ドリブルをする選手はそこを変えられるのかなと思う」と攻撃面でのアクセントをつけられる意識をもっていたのだ。

(残り 1822文字/全文: 2258文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ