Dio-maga(ディオマガ)

【札幌vs山形】試合後札幌選手(岡田大和、田中克幸)コメント

■天皇杯 JFA 第104回全日本サッカー選手権大会 3回戦
7月10日(水)札幌 6-3 山形(19:00KICK OFF/NDスタ/3,347人)
得点者:6’田中克幸(札幌)16’狩野海晟(山形)19’大森真吾(札幌)33’後藤優介(山形)45+3’岡田大和(札幌)53’駒井善成(札幌)57’田中克幸(札幌)60’氣田亮真(山形)84’岡田大和(札幌)
———–
〇岡田大和選手

--今日の2得点をふり返っていただきたいのですが、まずはチーム3点目のミドルシュートはいかがでしょうか。
あの場面は、自分は中に入るというより、こぼれを打ちたいなと思ってあのポジションをとっていて、ボールをもらってターンをしたときにディフェンスが全然寄せてこなかったので打てると思って、あの距離からのシュートも一番自信を持っているので、自信を持って振り抜いて、決めることができました。

--そのゴールがプロ初ゴールになりましたが、その点についてはどうですか?
毎試合、出た試合はゴールを取りたいと思っていたので、やっと取れたという感じです。

--後半、自身2点目は落ち着いて狙っていたシュートかと思いますが、どうでしょうか。
あの形は毎日全体練習後に、あの角度から練習してたので、日々の練習は裏切らないなというのはあらためて実感しました。

--チームはここ5試合得点がない中で、今日は一転して6得点。チームとして今日は入りから攻撃を意識していましたか?
リーグでいい結果が出ない中で若い選手がカップ戦に出ることになるんですけど、そんな中でも結果にこだわってやろうというのはチームとしてやっていたので、それが6ゴールという結果につながったのかなと思います。

--今日は同じ大卒ルーキーの田中克幸選手もプロ初を含む2得点でしたが、思うことは何かありましたか?
自分のゴールとは違う形で、どちらもカツらしいゴールかなと思います。そこはさすがだなと思いました。

--試合が終わって間もないですが、何か2人でゴールの話などはされましたか?
同じ日にプロ初ゴールと2ゴール決めれたので、「俺ら、仲いいな」って話しました。

--普段から仲はいいんですか?
そうですね、普段からいつも一緒にいるので、仲はいいです。

--チームは天皇杯2年連続で4回戦進出となりました。天皇杯の次戦への意気込みをお願いします。
このクラブにタイトルをもたらせるように、この勝ちで満足することなく、次に向けてしっかり準備していきたいと思います。

--リーグ戦では中2日で神戸戦になります。勝点3が欲しい中で、今日の勝利をどのようにつなげていきたいですか?
やっぱり、若い選手だったり、控えの選手のパワーというのは必ず必要になってくると思うので、まず1勝できるように、チーム全員でいい準備をしていきたいと思います。

--1点目(チーム3点目)のインパクトが凄かったですが、あのゴールが決まった瞬間の気持ちは?
点取りたいと思ってたんですけど、欲を言えば、自分らしいゴールが取りたいなと思っていたので、このチームに入ってから、自分の特長のあるプレーがなかなか出せてなかったんですけど、今日のシュートは本当に見せたかったゴールというか、「これが自分の左足だ」というゴールを決めれたので、うれしい気持ちがありました。

--テレビ中継がないのが惜しいくらいの素晴らしいゴールでした。
次は、しっかりみんなが観れるようなところで点が取れたらいいかなと思います。

--前半は点を取り合う状況になりましたが、その中での得点への意識はどうでしたか?
この考えがいいのか、悪いのか、わからないですけど、2点取られたも3点取る、みたいなサッカーをこのチームはやってると思うので、失点について軽く考えるのはダメですけど、今日はそれよりも攻撃的なサッカーを90分間とおしてできたので、それは次のリーグにも生きるかなと思います。

--ミシャ監督にもいいアピールができましたか?
そうですね、そこから打てば決めれる自信があるので、あとは監督がどう思って、自分を使うかどうかという感じです。

--監督から言葉はかけられましたか?
まあ軽く、握手交わしたぐらいです。

--相当雨が降ってて難しかったのでは?
そうですね。芝も長かったので、いつもとは違いましたけど、割り切るところは割り切って。失点のところは無理につながなくてもいいかなと思ってますけど、そのあとは割り切るところは割り切ってプレーできたので、その結果として後半はよかったかなと思います。

--確認ですが、1点目は原選手がクロスを上げて、そのこぼれ球を運んでのシュートでしたが、ペナルティーエリア手前ですか?
ペナには入ってないです。

--後半途中に中村桐耶選手が入って、ポジションが1個上がりました(センターバック左→左ウイングバック)が2点目は上がっていってのゴールでした。
1個前のほうがゴールに行けるので、その点はウイング(バック)のほうがやり安いんですけど、1個後ろでも、監督には長いボールだったり、サイドチェンジというのを言われているので、そういう点では背後のほうが生きるとは思いますけど、僕は点を取りたいし、ゴールに向かいたいので、ウイングのほうが大学の4年間でもやっているし、やりやすいという印象です。

〇田中克幸選手

--今日の2ゴールをふり返っていただきたいのですが、まずは先制ゴールの場面はいかがでしたか?
僕自身、FKというのは武器にしている中で、キーパーと駆け引きしながら、うまく逆を突いた、いい得点だったかなと思います。

--そのゴールがプロ初ゴールになりました。
自分らしい得点、初ゴールができたというのはすごくうれしいですし、その得点でチームが勝ったということが一番うれしい気持ちでいっぱいです。

--自身2点目は芸術的なループシュートでしたが、あのゴールはいかがでしたか?
相手のミスからだったと思うんですけど、(出間)思怒だったり、前の2人が限定してミスを誘ってくれて、ボールを取って、最初、相手にも寄せられて、キーパーも間に合うかなと思ったんですけど、そこはいい感じに入ってくれたので、よかったです。

--GKが前に出ていたのは確認できていましたか?
ボールを奪った瞬間に、キーパーが出したこともわかっていたので、位置だったりは確認できたうえで、ひとり守備に寄せてきた選手の対応に時間かけてしまったので、ちょっと無理かなと思ったんですけどキーパーの位置をもう1回見たらうまく入りそうだったので、打って、それがうまく入ってよかったと思います。

--チームはここ5試合、得点がない中で今日は一挙6得点という結果でしたが、田中選手自信、何か心がけていたことはありましたか?
得点というより、僕たちは勝利だけを必要としてましたし、その勝利に向かってチームがひとつになって戦った結果、ああいった大量得点につながったと思うので、この天皇杯の結果というのはリーグにそのままつながると思いますし、この力を次につなげて、リーグでいい結果を出せるように、チームとして戦っていきたいなと思います。

--今日は同じ大卒ルーキーの岡田大和選手もプロ初ゴールを含む2得点でしたが、どのように感じますか?
どっちも2ゴールで初ゴールというのは、仲よしなんじゃないかなと思いますけど(笑)、本当に大和も大和で、大和らしいというか、練習の成果がそのまま出たようなゴールだったので、その練習が意味があったなと思いますし、チームメイトとしても同期としても、本当にうれしい気持ちでいっぱいです。

--岡田選手は刺激になる選手ですか?
そうですね、日々過ごす時間の中でも、多くの時間を大和と過ごしてますし、その大和がこういった舞台でゴールを決めて活躍するというのは自分にも刺激になりますし、2人ともゴールを決めれてうれしい気持ちでいっぱいなので、このあとはちょっとは2人でよろこびながら、まだ終わってないので、次リーグ戦があるので、リーグで2人とも活躍してチームを助けられる存在になれたらなと思っています。

--天皇杯では2年連続の4回戦進出になりました。天皇杯での次戦への意気込みをお願いします。
トーナメントは内容どうこうよりも勝利だけが必要だと思うので、勝ちというところにこだわりながらやっていけたらいいと思いますし、その中でまた内容も突き詰めて1個1個、今日も3失点してるので、そういうところにも目を向けながら、また一からチームとしてやっていきたいと思います。

--リーグ戦は中2日で神戸を迎えます。今日の勝利をどのようにつなげていきたいですか?
今日の大量得点というのはチームにとって自信になると思いますし、この力をリーグにつなげて、よりフレッシュな状態でいけるというのは大きいと思いますし、リーグのメンバーともうまく噛み合わせながら、いいコミュニケーションを取って、相手は神戸ということで力のあるチームだと思いますけど、そこに勝てばより勢いに乗れると思うので、勝ちにこだわって、チームとしてやつていけたらいいかなと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ