Dio-maga(ディオマガ)

松本凪生「後半の途中は結構押し込む時間が増えて、ああいうのを前半から全員がイメージ持って、自信を持ってやれば、もう少し違った展開になったのかなと思います」【札幌vs山形】試合後選手コメント

■天皇杯 JFA 第104回全日本サッカー選手権大会 3回戦
7月10日(水)札幌 6-3 山形(19:00KICK OFF/NDスタ/3,347人)
得点者:6’田中克幸(札幌)16’狩野海晟(山形)19’大森真吾(札幌)33’後藤優介(山形)45+3’岡田大和(札幌)53’駒井善成(札幌)57’田中克幸(札幌)60’氣田亮真(山形)84’岡田大和(札幌)
———–
〇松本凪生選手

--試合の感想からお願いします。
チームとして、入りからあまり、結果的に見てもよくなくて、立ち上がりに失点してしまったりというところで、まず全体を通してよくなかった部分のひとつなのかなと思いますし、そこで追いついても、そのあとまた失点と。連続した失点というのも多かったので。それも防げるものが多かったり、自分たちのミスからというのも多かったので、そこで試合を難しくしてしまったのかなというのはあります。

--試合に入ってみて、うまくいってないというのはどんなところに感じましたか?
まず、相手のプレッシャーに対して、一人ひとりがちょっと臆病になってる部分があったり、自分たちが、相手が来てないのに蹴ってしまったり、変に焦ってというのもあったのかなと思います。

--実際はそこまで…。
それこそ、後半の途中は結構押し込む時間が増えて、ああいうのを前半から全員がイメージ持って、自信を持ってやれば、もう少し違った展開になったのかなと思います。

--札幌はシステムがちょっと変わっている感じですが、それに対してボランチではうまく受けたり、プレーしたりということはできましたか?
相手はマンツーマンなので、僕たちがというより、全体がもう少し流動的にというのも必要だったのかなと思います。

--カップ戦が2つ終わってしまいましたが、リーグ戦に向けては?
もう終わってしまったので、もちろん受け止めなきゃいけないものですけど、リーグ戦は終わってないですし、チームとしての目標というのは、J2優勝、J1昇格というのがまずはチームとしての目標なので、課題は自分たちで克服しなきゃいけないですけど、もう1回、自分たちの目標に向かって、チームとして前に進んでいけたらなと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ