Dio-maga(ディオマガ)

坂本亘基「点が欲しい状況だったので、できるだけボールを前に前に運ぼうという意識で入りました」【札幌vs山形】試合後選手コメント

■天皇杯 JFA 第104回全日本サッカー選手権大会 3回戦
7月10日(水)札幌 6-3 山形(19:00KICK OFF/NDスタ/3,347人)
得点者:6’田中克幸(札幌)16’狩野海晟(山形)19’大森真吾(札幌)33’後藤優介(山形)45+3’岡田大和(札幌)53’駒井善成(札幌)57’田中克幸(札幌)60’氣田亮真(山形)84’岡田大和(札幌)
———–
〇坂本亘基選手

--ビハインドの状況からの途中出場でしたが、どうでしたか?
点が欲しい状況だったので、できるだけボールを前に前に運ぼうという意識で入りました。

--運べていたシーンはいくつかあったと思いますが?
その後の質というか、そこはこだわらないといけないなと思います。

--入ったときにはスクランブルに近い状態でしたが、相手の形やシステムは意識していましたか?
意識はあまりしてなかったです。

--6失点はチーム的には厳しい状況ですが、中3日のリーグ戦に向けて。
失点は、まずやらせないというか、そういう気持ちの部分が大きいと思います。

--リーグ戦にしっかり入れそうですか?
はい、大丈夫です。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ