Dio-maga(ディオマガ)

加藤千尋「負けている状態だったのでとにかくチームのパワーを出すという意味で得点を狙いに行こうと思って入りました」【札幌vs山形】試合後選手コメント

■天皇杯 JFA 第104回全日本サッカー選手権大会 3回戦
7月10日(水)札幌 6-3 山形(19:00KICK OFF/NDスタ/3,347人)
得点者:6’田中克幸(札幌)16’狩野海晟(山形)19’大森真吾(札幌)33’後藤優介(山形)45+3’岡田大和(札幌)53’駒井善成(札幌)57’田中克幸(札幌)60’氣田亮真(山形)84’岡田大和(札幌)
———–
〇加藤千尋選手
--点の取り合いになりました。途中出場でしたが意識したことは?
負けている状態だったのでとにかくチームのパワーを出すという意味で得点を狙いに行こうと思って入りました。

--攻めている中で加藤選手がゴールを決めましたが、オフサイドになりました。何があったんですか?
僕も詳しくわからないんですけど、キーパーの前で誰かがオフサイドポジションにいて邪魔をしたみたいなジャッジで取り消されました。

--クロスを上げた氣田亮真選手のところかとも思いましたが違うんですね。
あそこは絶対ないと思っていて、いやどこなんだろうと自分も思って。副審がよくあそこを見えていたなと思います。

--加藤選手がシュートを打つタイミングでは誰かがいたことは見えていた?
誰かはいたと思うんですけど、混戦しててわからなかったです。

--あの時間帯は波に乗ってこれからだというところでゴールネットを揺らすまでは良かったですが、結果的にあそこが分岐点のひとつになりました。
そうですね。あそこでもし点が入っていたら1点差でまだわからない状況だったと思うので。結果論ですけど、あそこが入っていればもっと相手を苦しめられたし、逆転できるチャンスはまだまだあったので。
あそこは自分たちの課題ですし、何より6失点してしまったという現実があるので、そこと向き合ってチームとして修正しないといけないと思うので。
あと3日ですけど、いわき戦に向けて全員が6失点にフォーカスして、リーグ戦ではゼロが続いてますけど、6失点というのをチームとして重く受け止めていかなければいけないと思います。

--6失点はどんなところが上手くいかなかったですか?
フォワードのところで収められすぎたというところもありますし、センターバックがあそこで潰せてれば、チャンスにはならなかったというところもあります。
失点のところはアップとかで僕も見てないので何とも言えないですけど、1人ひとりが球際で相手に負けないというところが、今日の試合では出てしまったのかなと思います。
札幌の選手たちは球際に強いので、そこで負けてたら相手のペースになってしまうので、そこで相手にペースを渡してしまったのかなと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ