Dio-maga(ディオマガ)

【札幌vs山形】渡邉晋監督記者会見コメント「これでもかっていうぐらいの数多い失点をして、満足度が1ミリもないようなゲームをしてしまい、本当に申し訳なく思っています」

■天皇杯 JFA 第104回全日本サッカー選手権大会 3回戦
7月10日(水)札幌 6-3 山形(19:00KICK OFF/NDスタ/3,347人)
得点者:6’田中克幸(札幌)16’狩野海晟(山形)19’大森真吾(札幌)33’後藤優介(山形)45+3’岡田大和(札幌)53’駒井善成(札幌)57’田中克幸(札幌)60’氣田亮真(山形)84’岡田大和(札幌)
———–
〇渡邉晋監督

平日のナイターにもかかわらず、3000人を超えるサポーターに集まっていただきました。ありがとうございました。
これでもかっていうぐらいの数多い失点をして、満足度が1ミリもないようなゲームをしてしまい、本当に申し訳なく思っています。
6つの失点というところにものすごい嫌悪感を抱いています。ただ、それを招いたのは私のマネジメント含めて全て監督である私の責任なので、その責任をしっかりと感じて、エネルギーに変えて、次の週末のリーグ戦に向かっていければと思います。

--攻撃の面で3得点ということで、攻撃の狙いが出たと思いますが、評価はいかがでしょうか。

いや、6失点していれば、3点取っても意味はないです。

--トップ下の狩野海晟選手、得点を決めたミドルシュートだけでなく、狭いところのターンなど、非常に特徴が出たと思います。プレーの評価はいかがでしょうか?

個人それぞれは後で直接選手に聞いてもらえれば、手応えなり、何かやれた感触を感じてる選手はいるかもしれません。
でもこれはチームスポーツで、フットボールというのは相手よりもたくさん点を取るのが目的の競技なので。これで満足する選手がいたら、僕はとてもじゃないけど許せないです。海晟がどうこうじゃないですよ。海晟は多分、色んなことを表現して、ゴールを決めて、自分なりに何か手応えみたいなものはあったかもしれないけれども、もしそれを皆さんから聞かれたときに、僕はこれぐらいやりましたと言う選手では、多分海晟はそうではないと思うし、海晟以外も含めて、我々の選手の中で今日のゲームに対して「6点取られて負けちゃったけれども相手がJ1だし」とか、「3点取れたからまあいっか」と言うような人間が1人でもいたら、僕はとてもじゃないけど許せる人間ではないです。

--札幌さんは特徴的なシステムというか、可変の仕方をするチームだと思いますが、そのチームに対してこちらはいつも試合をやりこんでいるわけではないメンバーで戦わなければいけない。そういう点での難しさはありましたか?

いや、おそらく札幌さんも普段リーグ戦に出てないような選手たちがいたので、それは同じ条件だと思うんですよね。今おっしゃったように、我々も普段出てないような選手がピッチに飛び出していった。それを決断したのは私なので、そこに対して連携が上手くいかなかったねとか、不具合が生じたものがもしあるんだとしたら、それは選手の責任じゃないです。選んだ私に責任あります。

でも、短い時間の中で、おっしゃったような札幌さんが仕掛けてくる可変の攻撃に対する守備の確認はしてきたつもりではいます。
もちろんアジャストすることはもしかしたら少なかったかもしれないけど、我々の海晟のゴールは、我々のショートカウンターから生まれたゴール。そういうものは一つの形としては見えた瞬間だったと思います。
普段出てないから連携が取れませんというのは一切言い訳にはできないし、それはおそらく天皇杯というこのレギュレーションを見れば、中2日中3日で連戦を戦わなければいけないというものを見れば、おそらくどのチームも選択肢の一つとしてあることですから、それに対して言い訳をするつもりはないです。選んだ私の責任です。

--73分頃の加藤千尋選手のゴールがオフサイドで取り消しになった場面ですが、どういったプレーがオフサイドだったのでしょうか。

映像を見ていないので正確なことは申し上げることはこの場では難しいです。ただ、副審の方は割と早くフラッグを上げていたので、確信はあったのだと思います。

--ゴールネットを揺らしたことと、その後失点して3点差になってしまったことも含めてあのオフサイドの場面は試合の流れを変える一つの分岐点になったのかなと感じます。勢いで1点決めきりたかった時間帯ではないでしょうか。

おっしゃったように、今日のゲームの展開を考えれば3ー5になったスコアの状況から、我々が1点を取ることができれば、間違いなく流れがこちらに来るというようなところ。それはベンチからも中にいる選手に伝えましたし、特に交代で出ていく選手たちには、そういうものを伝えて送り込んだつもりではいます。
オフサイドがあったかどうかはわからないですけれども、あのシチュエーションじゃなかったとしても、我々が4ー5にすることができれば、結果は違うものにできたでしょう。
ただ、あそこで次の1点がと言った中で、あのまま3ー5で終わるのか、4ー5で終わるのか、あるいはひっくり返すのか、あるいは3ー6にさせてしまうのか。それはもう大きな違いですよね。
その1点の重みを十二分に理解して、ピッチにいる選手たちも、あるいは交代でいく選手もやっていたと思っています。
おっしゃった流れというものに関して言えば、間違いなくあのシチュエーションでの1点というものは、千尋のゴールがオフサイドかどうかは抜きにしても、ものすごく重要な次の1点だったと感じています。
それが相手に渡ってしまったのであれば、それはもう我々は勝ちというものには到底たどり着けないし、本当にだらしないゲームになってしまったなと思っています。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ