Dio-maga(ディオマガ)

【札幌vs山形】ミハイロペトロヴィッチ監督(札幌)記者会見コメント「両チーム合わせて9得点が入ったゲームということで、見ている方にとっては面白いゲームになったのではないかと思います」

■天皇杯 JFA 第104回全日本サッカー選手権大会 3回戦
7月10日(水)札幌 6-3 山形(19:00KICK OFF/NDスタ/3,347人)
得点者:6’田中克幸(札幌)16’狩野海晟(山形)19’大森真吾(札幌)33’後藤優介(山形)45+3’岡田大和(札幌)53’駒井善成(札幌)57’田中克幸(札幌)60’氣田亮真(山形)84’岡田大和(札幌)
———–
〇ミハイロペトロヴィッチ監督(札幌)

両チーム合わせて9得点が入ったゲームということで、見ている方にとっては面白いゲームになったのではないかと思います。
日本は比較的守備的な見方をされる方が多いので、「なんで3失点したのか?」「なんで6失点したのか?」そちらにスポットが当たりがちなんですけれども、サッカーというゲームは得点が見る者を魅了する部分でもあると思います。
もちろん勝ち負けはあるんですけれども、両チーム合わせて9得点入ったゲームというのは非常に素晴らしいゲームだったと言っていいと思います。
山形も素晴らしいプレーをしたと思いますし、得点以外にもいくつもチャンスがあったんじゃないかと思います。そういう中で、今日非常に我々若い選手たちが出場して、戦ってくれたんですけれども、これまでなかなかリーグ戦では出場機会が少なかった選手も多かったと思います。
そういう選手たちが今のJ1での我々の厳しいチーム状況の中で、自分がこうしたカップ戦でしっかりと戦えるということを示して次につなげていく。チームとしてここからリーグでも浮上していくという姿勢を、チーム全員で見せられたんじゃないかと思います。
カップ戦では何よりも勝ち上がることが大事だと思います。そういう中で、自分たちの今日の目標である勝ち上がるということを全員で達成できたことは良かったと思います。

--リーグ戦の方では、負けが続いている状況ですけど、今日の勝利でどういうところを改善して、リーグの勝利に繋げていこうと考えていましたか?

中2日で神戸戦を迎えますけれども、ホームで14時のキックオフ、そして明日我々は山形から長い時間をかけて移動しなければいけないということで、非常にタイトな日程であるということ。
そういう中で今レギュラーである選手、8人9人も怪我で離脱しているという現状、非常に厳しいチーム状況なんですけれども、今日のゲームで出場した選手たち、連戦にはなりますけども、その選手たちも神戸戦の準備をしなければいけない。そういうチーム状況です。
どんな勝利であったとしても、どんな形であったとしても、今の我々にとっては勝利するということが、チームにとってプラスに働くと私は思っていますし、選手たちも今日勝利したことで自信を取り戻せたのではないかと思っています。
もちろんカップ戦の戦いとJ1の戦いは別物であり、そして週末にあたる神戸は非常に強いチームです。ただ、そういう中で自分たちが今日一つ勝てたことで、前向きな気持ちで皆が次の試合に向かっていけると捉えたいと思っています。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ