Dio-maga(ディオマガ)

【山形 vs 栃木】レポート:鮮やかなコンビネーションで決勝点、上昇気流とらえた!

■明治安田J2リーグ 第23節
7月6日(土)山形 1-0 栃木(19:03KICK OFF/NDスタ/9,808人)
得点者:77’氣田亮真(山形)

———
あと一歩のチャンスを重ねながら0-0で推移していた74分、トップ下でプレーしていた國分伸太郎に代えて、南秀仁がピッチに送られた。南はそのままトップ下へ。3トップを総入れ替えした65分の交代があり、これが2度目の交代だった。この試合唯一の得点が生まれたのは、その3分後。

モンテディオの守備ブロックを前に、押し込んでいたのは栃木。しかし、左サイドでラファエルから矢野貴章への縦パスがズレてコーナー付近のスペースへと転がり、攻撃権がモンテディオに移る。

(残り 3714文字/全文: 4015文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ