Dio-maga(ディオマガ)

瀬沼優司選手「スコア以上にもっと自分たちの反省すべきところが多い試合でしたけど、久しぶりにこのスタジアムでプレーできて楽しかった」【山形vs相模原】試合後の相模原選手コメント

■天皇杯 JFA 第104回全日本サッカー選手権大会 2回戦
6月12日(水)山形 3-2 相模原(19:00KICK OFF/NDスタ/2,564人)
得点者:9’山田拓巳(山形)12’松本凪生(山形)21′ 福井和樹(相模原)38’加藤千尋(山形)55′ オウンゴール(相模原)
———–
〇瀬沼優司選手(相模原)

--試合を振り返ってどうでしたか?
結果は負けてしまったので残念ですし、改善しなければいけないところもたくさんあるし、どうしても山形との差というか、質の差だとかいろんな差があって、スコア以上にもっと自分たちの反省すべきところが多い試合でしたけど、久しぶりにこのスタジアムでプレーできて楽しかったなというのもまたひとつ、感じたことはあります。

--立ち上がりから押し込みながら2点先取される展開でした。この展開についてはどうですか?
失点のところはすごくもったいなかったなあというか、自分たちのミスじゃないけど改善点できるところ、失点しないようにできた可能性が大きかったんじゃないかなというもったいない失点だったので、本当に残念な失点でした。

--2失点したときのチームのメンタル面はどうでしたか?
もともと自分たちはチャレンジャーであって、どうしても個の差というか、質の差が出るのはわかってたので、失点も無失点でいければ理想ですけど、点は取られても追いつくようにやっていくだけだと思っていました。2失点しても自分たちは1点ずつ返していくしか状況的になかったので、1点返して、そのあとにもう少しそのままの状態でゲームを進められていればまた違った展開になったんじゃないかなと思いますけど、またコーナーで質を出されてしまって失点してしまって、また後半、もう1点返せて、追いつくぞというような状況にはもっていけました。いろいろ勉強になったというか、もっともっと自分たち、練習しなきゃいけないなという差を感じるゲームだったかなあと思います。

--1点目の折り返しのところは、チームとしても狙いがありましたか?
クロスはチームでもよく練習してますし、クロスの入り方とかはこだわってたので、折り返しからの得点という形になりましたけど、ゴールまで結びついてよかったし、2点目もオウンゴールでしたけど、クロスだったかなと思うので。クロスはいま、入り方とか決めきるところは練習ですごくチームとしてこだわってやってるところなので、それがスコアにつながったのはひとつ収穫だったんじゃないかなあと思っています。

--天皇杯は敗退になりましたが、リーグ戦につなげるというところではどうですか?
非常に残念ですけど、あとは残されたリーグ戦を頑張るだけなので、いま中位より少し上くらいの位置に着けれてるので、上位に食らいついていけるように自分たちも頑張りたいですし、山形も天皇杯も頑張ってもらいたいし、リーグ戦もいまは調子悪いかもしれないですけど、ここから巻き返して頑張ってもらいたいので、自分も頑張んなきゃいけないけど、山形のことは本当に応援してます。

--久しぶりのNDスタでプレーしてみてどうでしたか?
この表現が合ってるかわからないけど、楽しかったなあと。自分が在籍してきたときはホームで後押ししていただいたサポーターの方々の前で久しぶりにプレーして、懐かしい選手はもう減ってしまってはいますけど、ヤマくんとかも出てて、一緒に戦った仲間とかもクラブに在籍したり、フィールドでも出てたりしてたので、仲間とこうやって対戦できるのはサッカーの素晴らしいところでもあると思いますし、自分自身もまたこのスタジアムでプレーすることができて、楽しかったです。

--1点目はアシストでしたが、個人としての収穫はありましたか?
クロスの入り方はずっと意識してトレーニングしてたので、そこから自分がゴールできるのが一番いいと思いますけど、折り返しから味方の得点につながったので、そこの入るべきポイントと、クロッサーのポイントっていうところは間違ってなかったんじゃないかなと思います。あと、ほかにも何本か合わせられたらなというシーンがあったので、ああいうところを合わせられるように。たぶん、相模原だけじゃなくて、山形もこだわってやってるところも、どこもそうだと思うんです。最後のところ。クロスボールの質と、クロスの入り方ってずーっとこだわってやってるところだし、相模原も練習で特にこだわってやってるところなので、そこをもっとスコアにつなげられるようにできたらなと思います。

--瀬沼選手はいい守備からいい攻撃で山形を上回るシーンも作れていた場面もありましたが、この収穫をどうリーグ戦につなげていきますか?
山形のボールの保持のうまさというか、技術の高さはわかって臨んでいたので、自分たちよりも技術が高い相手、J3でもそういう相手とこれからたくさん当たると思うんですよ。そういったときに、相手のよさを潰しながら、今日は負けてしまいましたけど、こういうゲームを勝ちにもっていかないと昇格にはつながっていかないと思うので、次のリーグではこういうゲームを勝ちにもっていけるように、少なくとも負けないようなゲームを続けなきゃいけないと思うので、今日は失点シーンも含めてたくさん反省するところが出たと思うので、そこを修正してリーグ戦につなげたいなと思います。

--瀬沼選手は金沢で終盤、カウンターで2得点して逆転勝ちしたとき以来ですよね。
そうですね。栃木の時は怪我のタイミングでなかなか山形との試合に出れなかったので、久しぶりに対戦して楽しかったですね、古巣との対戦は。ましてや、ここのスタジアムでプレーできたので、負けちゃいましたけど、楽しかったなあという印象でした。

--ありがとうございました。
ありがとうございました。リーグ戦も頑張ってください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ