Dio-maga(ディオマガ)

藤嶋栄介「2年ぶりにこのNDのスタジアムに立って、最高でした、本当に」【山形vs相模原】試合後の選手コメント

■天皇杯 JFA 第104回全日本サッカー選手権大会 2回戦
6月12日(水)山形 3-2 相模原(19:00KICK OFF/NDスタ/2,564人)
得点者:9’山田拓巳(山形)12’松本凪生(山形)21′ 福井和樹(相模原)38’加藤千尋(山形)55′ オウンゴール(相模原)
———–
〇藤嶋栄介選手

--頑張っていると、こういうこともありますね。
びっくりですねえ(笑)。本当にまさか過ぎて。2年ぶりに90分の試合をしたので、もう60分ぐらいから左足つってました。つるだろうなとは思ってたんですけど、2年ちょっとぶりかな? 90分のゲームをやったので、いきなりぶっつけ本番だったんですけど、入りがうまく入れれば、そんなに慌てずにはやれるかなあと思いながらやってたので。慌てずにはやれたんですけど、60分ぐらいから左足の「やばいな、なんかつりそうだな」という感覚から、急遽、右足に切り替えてボール蹴ってました。

--ロングスローを受け過ぎた影響もありますか?
そうですね。押し込まれる時間が後半はすごく多かったですし、前半の途中も相手に押し込まれる時間があったりとか、天皇杯の初戦ってゲーム勘がない選手だったり、あまりゲームに出てない選手たちが多いなかで、そういう展開ってすごい増えると思ってたので、どんな展開になっても失点したとしても、今日は先に2点とってくれたので、そのアドバンテージがあったということで、追いつかれないことを意識しながら、後ろはバタバタせずというか、僕まで慌てて選手を煽っちゃったらゲーム自体も崩れちゃうなと思ってたので、「ミスしたらミスしたで気にする必要はないよ」って言って、「次のことだけに集中しろ」という声かけはなるべく後ろの選手たちにはして。センターバックが2人とも若かったので、そこ2人には常に声をかけながらやれたことはよかったですし、結果、3-2とギリギリの試合になっちゃつたんですけど、最後押し込まれちゃったんですけど、ルヴァンはそれで逆転負けしてるわけで、そういう経験というのもありましたし、ピンチをたくさん作りましたけれども、最後の最後、勝ちきるというところ、勝って試合を締めるというところはできてよかったかなと思っています。

--2-0になったあと、相手のポゼッションの特徴が出て失点までつながりましたが、あのあたりの試合の流れはどうでしたか?
相手がうまくトップのところにボールを入れてきたり、ボランチのところにボールを入れてくるところを、もうちょっとうまく中で潰せればそこまで持っていかれずに済んだかなあというところが正直あって、たださっきも言ったように、なかなかゲームに出れてない選手が多いなかで、そういったところはもうちょっとゲームのなかで細かく声かけを自分らでしなきゃいけない部分もありましたし、ああいう状況になったときに自分らがどうするのか、相手にボールを持たれたときにどうするのかという守備の仕方だったり、そういったところはもうちょっと修正が必要だったかなと思います。2-0になったあとで、先に3点目を刺すのか、相手に1点取られるのかで、ゲームが難しくなるのかどうかというのが決まってくると思うので。実際、その失点で今日はゲームが難しくなったと思ってるので。ただそこはみんなで反省し合って、勝って次につなげることができたので、勝って反省できるということは今日プラスだったかなと思ってます。

--試合終了直後に仰向けに倒れ込んでたのは、「やった!」ということではなく?
そうですねえ、「90分もったー」と思って。左足が60分ぐらいにつって、これボール蹴れねえなあと思って、ビルドアップも参加しにくくなったから、そこから右足でボール蹴ってたら、最後の5分ぐらい、右足もつりそうになって、「これはやばい」と思って。「延長になっちゃったらどっちも蹴れねえぞ」と思って。でも、両足蹴れてよかったです(笑)。2年ぶりに90分やりきったというのは、自分のなかでプラスになりますし、そんななかで、どっちかと言うと僕の場合は不完全燃焼ですけど。今日は2点取られてるし、ギリギリのゲームしてるし。ただそんな中でも、大怪我して、なかなかチャンスが来ないなかでも、こうやって来たチャンスで勝利に少しでも貢献できたというところは、またプラスにとらえてというか、ピッチで一生懸命やってるとこうやってチャンスがやって来るなというところは正直あったので、2年ぶりにこのNDのスタジアムに立って、最高でした、本当に。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ