Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs相模原】戸田和幸監督(相模原)記者会見コメント「全力は尽くしましたけどまだまだ全力の質が低いということで、また次に向けて、見つめ直してトレーニングを頑張りたい」

■天皇杯 JFA 第104回全日本サッカー選手権大会 2回戦
6月12日(水)山形 3-2 相模原(19:00KICK OFF/NDスタ/2,564人)
得点者:9’山田拓巳(山形)12’松本凪生(山形)21′ 福井和樹(相模原)38’加藤千尋(山形)55′ オウンゴール(相模原)
———–
〇戸田和幸監督(相模原)

昨年はこのラウンドで札幌と対戦をして敗れたんですけど、クラブとすると、もしくはクラブにとと、選手にとと、もう一つ先に進むというのは、我々自身も一つ上のステージに押し上げてくれることに繋がるという話を選手にしたので、新しい歴史を作ると言ったらちょっと大げさですけど、そういう気持ちを持ってここに来ましたし、最後まで選手は全力を尽くしてくれたとは思うんですけども、今日に関して、その勝ちに値する試合ができたかなというと、最後まで本当にサポーターが声をからして、声援を送り続けてくれたので、選手は諦めずにゴールを目指したと思うんですが、失点の部分を見ていくと、我々としてはおそらく勝利に値しないものだったと思うので、全力は尽くしましたけどまだまだ全力の質が低いということで、また次に向けて、見つめ直してトレーニングを頑張りたいと思います。

--結果、1点差の敗戦になりましたけれども、局面では切り替わりの部分で上回ることもありましたし、そういった部分を今後リーグ戦に向けてとどう評価して、良くしていこうと考えていますか?

今のチームの状態で言うと、前節もなんですけど、しっかりプレーができるようになってきたり、敵陣に入と行く回数とか時間は増えていると思うんですね。その裏返しで、もちろんこぼれもそうですし、いわゆる切り替えの局面でしっかりその展開を続けるか、終わらせるかということをしないと、当然ながら相手にカウンターのチャンスが生まれるというところは、今多分僕たちが直面している我々自身が次のレベルに行けるかどうかのすごく重要なところだとは思っているので。

選手たちは全力尽くしてるのは間違いないですけど、まだその試合で結果を得るところまでは足りてないのかなというのは、奈良に負けた試合も含めて感じているところではあるので、追求し続けなきゃいけないのが一つと、今日で言うと序盤敵陣に入っていって、ロングスローも多かったですしそれでゴール前に迫ったんですけど、我々はどこから失点したかということを考えると、山形さんはスローインも早いと、ボールが出てもすぐ出てくると。

基本的にスタイルはボールを保持しますけど、背後にも鋭く出てくるんだよというのは伝えた上でゲームに入ったんですけど、スローインから背後に落とされて、明らかに準備不足、対応不足、それで失点をするというところも見たときにこの試合勝つために本当に必要なことができたのかというのは、これ全員の話ではないんですけど、ハーフタイムにはっきり伝えましたし、このまま終われるかと話をハーフタイムにして、このまま帰るわけにいかないということと、勝敗は別にして自分たちが本当にここで何をしに来たのかというのを示せということは、選手に伝えてまた後半を送り出しました。

その部分に関しては交代だった選手も含めて見られた良いプレーはあると思うので、こういった負けた試合の後というのは伝え方とか、総括の仕方は難しいですけど、昨年と違うのは結果というところは絶対に度外視しちゃいけないというのが今の僕たちだと思うので。

去年は本当に歯を食いしばりながら一生懸命プロ1年目の選手が多かったりする中で、土台作って、まずしっかりプレーできることと、その上で結果も求めるんだという時期はあったと思いますけど、今はもう違いますからね。
天皇杯も含めて上に上がっていく、我々が目指すところに向かっていくために必要なことを高いレベルで行い続けなきゃいけないと思うので、負けた試合のあとの言い方は難しいですけど、全員じゃなかったですね。すごくよくやってくれた選手もいました。

実際にそういったところへクロスから点も入りましたし、狙った部分は出ましたけど、試合をものにするというよりは足らない部分がもしかしたら足らない選手がいたのは事実なので。
できるだけ全ての選手が自分の持っているものとこの試合でやるべきことに全力もしくは出し尽くすというところまでいかないと、上に上がっていくことはできないと思うんで、こういった試合もそういう方向に成長とか成果とか、やっぱプロで生きていく上に上がっていくんだというとこに繋げられるように伝えて感じてもらって、次に繋げていければ、いつかその負けの意味が出てくると思いますけど、負け自体に意味はないので、負けていいことは一つもありませんし。負けたけどよくやったとは僕は言うつもりはないので、逆に言うと勝っても良くなかったら良くないというわけですから。
負けたということをきちっと受けとめて、なぜ負けたのかというのをしっかり見て、次に向かっていかない限りは繰り返してしまう可能性があるので、ここはシビアに受け止めて僕自身もまた努力しなきゃなと思ってます。

--J2昇格に向けてどういうビジョンでチームをマネジメントしていきたいでしょうか。

リーグの状況に関しては、常に選手には伝えてるんですけど、彼らの努力とここまで取ってとくれた勝点に関しては感謝してますと。その上で続けていかなきゃいけないことですから、非常に混戦なのは事実で、どこが勝ってもおかしくないリーグなのも事実ですから。だから前節の例えば奈良の試合を振り返ったときに、ボールを持つことが目的になったりもしくは攻撃がそのまま攻撃で終われるわけじゃないというときに、我々痛いしっぺ返しを食って負けましたんで。

できることが増えていくことは喜ばしいんですけど、その裏返しに潜んでいるリスクとか、しなきゃいけないことをおろそかにすると、逆に今度ボールを持ってプレーするときに難しさが出てくると思うので、そういったところをポジティブに捉えて、今我々が直面してるものというのは少し前とは違う現象だと思ってるんですけど、それは我々自身や選手たちが上のレベルに上がるため、多分必要なフェーズだと思うんで、失敗を恐れずにということだけじゃなくて、すべきことに対してしっかり責任を持って、各局面と各個人が向かっていくことで、結果を掴んでいかなきゃいけないと思うんで。
とにかくトレーニングしかないなと今また思ってますし、試合もしっかり振り返りを伝えた上でトレーニングしかないなと。

あとは全員本当によくここまで努力してくれているので、フェアな形で競争を作りながら、その試合に出場するにふさわしい人をきちんと選べるかどうかというのが、僕の立場で言うとすごく重要な仕事になると思うので、コミュニケーションをとりながらとにかく良いトレーニングを作って、週末の試合に向けて良いチームを作る選ぶということにしっかり取り組めていけば、彼らは基本的にうまくいかないプレーがあったとしても、手を抜くとかさぼるみたいなことは絶対ないので。そこだけは僕はわかった上でしっかり彼らが目指すものに対しての情報提供をしたり、課題を渡したり、逆に言うと、わかってないできてることを伝えたりしながら、どんどんどんどん上を目指せるように、次の試合に向けてチャレンジしたいなと思います。

--ここ最近栗原イブラヒム ジュニア選手を右ウイングバックで使うことがあって、今日は右ウイングバックで先発しました。多分先発でウイングバックは初と思うんですけれども、あそこの狙いというのは、加藤大育選手が出たときもあったんですけど、プレスを回避するときに、相手の背が高くない選手のところで、例えば三浦選手が蹴って、そこで競らせて優位性を取るというところが、狙いだったのでしょうか。

今言ってくれたことに関しては、あくまでジュニがピッチに立ったときに我々が得られそうな優位性の一つで、それをしたいから彼をウイングバックにいたわけじゃないんですけど、彼自身のことを考えたときに、彼のキャリアとか今このチームの中での彼を考えたときに、どこかなというものを見て、ひょっとしたら彼は走力もあるし、もちろん高さもあるし、元々アタックの選手だったところもあるので、あの場所に置いてプレーをしてもらったらどうかなという話は、これは今回出したのは僕じゃないですけど、コーチングスタッフも一生懸命考えて、各選手が少しでもより良いポジションを見つけられたり、プレーができるようにということを考えてくれてる中で右に置いたんで。

多分山形さんは我々で言うとウイングバックはいつ出るかというのを狙って裏返したりというのはおそらく狙ってきたと思うんですけど、まだそこら辺のプレスのときにいつ出るかとか、どこに戻るかというのは、特に今日の前半はかなり狙われてしまったところがあるので、これは学ぶしかないと思うんですけど、ただ反面彼のクロスと、彼の高さのところで2点決まってたりするので、良いところはきちっと良いんだよと。その上で足りてないところにしっかり目を向けてまた努力ができれば、可能性は十分あると思うので。

今のが答えだったかわかんないですけど、そのポジションになぜ置いたのかというところと、もちろん高さもあるので前進するときに重要な拠点になると思うんで、バランスよくそういうもので敵陣に入っていくこともこれからも目指すべきだと思いますし、いろいろ多分感じた部分あると思うんで次に繋げてもらえるようにサポートしたいなと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ