Dio-maga(ディオマガ)

加藤千尋「本当に一つ勝ててよかったなと思います。でも誰1人内容としては納得しないと思うので、また一つひとつ積み上げていければいいかなと思います」【山形vs相模原】試合後の選手コメント

■天皇杯 JFA 第104回全日本サッカー選手権大会 2回戦
6月12日(水)山形 3-2 相模原(19:00KICK OFF/NDスタ/2,564人)
得点者:9’山田拓巳(山形)12’松本凪生(山形)21′ 福井和樹(相模原)38’加藤千尋(山形)55′ オウンゴール(相模原)
———–
〇加藤千尋選手
--今日の試合を振り返って。

苦しい時間帯がチームとして続いたんですけど、本当に一つ勝ててよかったなと思います。でも誰1人内容としては納得しないと思うので、また一つひとつ積み上げていければいいかなと思います。

--その中で一つヘディングシュートでのゴールがありました。

練習やスカウティングのときから、自分のところでフリーになるというのがあったので、フリーでいいボールが上がってきたので、あそこでヒットできればゴールに繋がるという自信もあったので、決めてよかったです。

--これをリーグ戦に向けて繋げたいというところでいうところではどうですか?

悔しい思いをしてきたメンバーだったと思うので、ここで一つ結果をチームとして出せましたし、個人としても出せたのでよかったなと思います。

--後半戦に向けて意気込みをお願いします。

前半戦は勝ちを積み上げられずに本当にふがいない結果で終わりました。後半戦はそれを一つひとつ目の前の試合を勝っていって、最終的には昇格圏内に入っていけたらいいなと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ