Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs相模原】渡邉晋監督記者会見コメント「反省することは多分たくさんあったゲーム。ただこれはトーナメントなので、勝たないことには次戦う資格も得られませんし、そういったものを今日達成できたことは喜ばしいこと」

■天皇杯 JFA 第104回全日本サッカー選手権大会 2回戦
6月12日(水)山形 3-2 相模原(19:00KICK OFF/NDスタ/2,564人)
得点者:9’山田拓巳(山形)12’松本凪生(山形)21′ 福井和樹(相模原)38’加藤千尋(山形)55′ オウンゴール(相模原)
———–
〇渡邉晋監督
平日のナイターに2000人を超えるサポーターに集まっていただきました。ありがとうございました。今日は中継がなかったと思うんですけれども、我々の勝利を信じて、いろいろな場所で気持ちや念を届けてくれたサポーターもいらっしゃったと思います。皆さんの支えに感謝します。ありがとうございました。
中2日の連戦が今日とまたこの週末と続く中で、体調不良者も少しずつ戻ってきたとはいえ、なかなか難しい台所事情の中でしたが、今日ピッチに立った選手たちが開始からすごくエネルギッシュにプレーをして、スコアを先に動かしていったところは素晴らしいものがあったと思います。
先ほど選手にも伝えましたけれども、反省することは多分たくさんあったゲームだったし、そういうものは勝ち負けに関わらず常にしっかりと見つめて、それを次に進む糧にしてまた進んでいきましょうという話はしてきました。ただこれはトーナメントなので、勝たないことには次戦う資格も得られませんし、そういったものを今日達成できたことは喜ばしいことだと思います。
ここ公式戦、4つ負けなしで来てるところで、クリーンシートができなかったのは非常に残念でしたけれども、しっかりと勝ち切って天皇杯を次に進めた。それからしっかりと勝ち切って、次のリーグ戦に弾みをつけるような結果を得ることができた。それをしっかりと評価して、まずは週末の鹿児島戦に向けてしっかりと準備をしていきたいと思います。

--リーグ戦では得点まであと一歩の試合が続いていたと思いますけれども、今日の3得点をどう捉えていますか?

1点目は相手をひっくり返したような形からでした。スローインのところはいろいろ工夫しているんですけれども、今日出した形も、一つ我々の持っている形です。その中からアバウトなボールにはなりましたけれども、しっかりと背後を狙うという意識の中で、最後はヤマ(山田拓巳)が抜け出してシュートを決めたところは、意図的半分、その先はどっちに転ぶかといったところのフィフティフィフティの部分もあるというところで、でもそれが得点に繋がったのは成功体験だと思います。
あとはセットプレーもなかなかここ数試合コーナーキックの数がものすごくあるにもかかわらず、1点も取ることができない中で、本当にコーチングスタッフはたくさんの映像を見て、いろんなアイディアを選手に落とし込んでトライをしてくれていました。
もちろんそれを必死に防ごうとする相手がいるのでそう簡単に点を取ることは叶わないのが現実なんですけれども、今日こうやって2つ取ることができたのは、チームとして大きな成果だと思いますし、また自信を持って次のゲーム以降、進めることができると思いますので、我々にとってはものすごく重要な3ゴールだったかなと思います。

--クロスから2失点というところと、同じような形でピンチを作られていましたが、その守備の評価はどうでしたか?

相手のチャンスはものすごくありましたよね。今日もミーティングで、あるいは試合直前の選手への声掛けも含めて、今我々がクリーンシートを達成できているのは、粘り強い守備をしっかりと体現できているからだと。
今週、このゲームに向けた2日間のトレーニングの中でも、今日出たグループがしっかりとそのような姿勢をトレーニングでしっかりと見せてくれていましたから、今日はそういうものをしっかりと体現しましょうという形で送り出したつもりではいます。
ただ、やっぱりだいぶ隙はありましたよね。まずクロスを上げられてしまったシチュエーションをしっかりと精査しなければいけない部分と、あとは仮に上げられたとしても自分たちのクロス対応のオーガナイズはどうだったのというところは、映像もしっかりと合わせて振り返る必要があるというふうに思っています。
いずれにせよ、相模原さんの良い攻撃もありましたけれども、容易にクロスを上げさせた、あるいはフィニッシュまで行かれたというのは、しっかり反省しなければいけない点だと思っています。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ