Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs大分】プレビュー:結果だけでなく、もっともっと前向きな姿勢が観たい大分戦

■明治安田J2リーグ 第19節
6月9日(日)山形vs大分(14:00KICK OFF/NDスタ)
———

早いもので、今節のホーム大分戦を終えると2024シーズンのJ2リーグは折り返し地点に到達する。

得点数が少なく勝ちきれずにいる山形は現在6勝3分9敗勝点21で15位。勝点で比較すると昨年18節終了時点の7勝1分10敗勝点22よりもすでに勝点1少ない状況だ。
昨年のこの時期はすでに1回目の5連勝の最中で勢いがあり、さらに今年よりも4試合試合数が多く、逆転の余地もまだあった。

そう考えると、今年J1昇格の可能性が残るプレーオフに進出するためには、昨年以上の追い上げを見せなければいけないが、その勢いをどれだけ早く掴めるか。
まずはこのホーム大分戦を大きな分岐点にして追撃体制に入りたいところだ。

(残り 2028文字/全文: 2376文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ