Dio-maga(ディオマガ)

【フォトレポート】出し手と受け手、両方の問題。

ホーム大分戦に向かうトレーニング。攻撃メニューとセットプレーゲームを行い、課題改善に取り組んだ。天皇杯もあり総力戦になるだけに、どの選手も気持ちは高まっている。

アウェイ群馬戦は0-0のスコアレスドロー。PKを与えたこともあって失点してもおかしくはなかったが、内容を含めた試合全体を通してみれば、「勝たなければいけなかった試合」(渡邉晋監督)という評価になる。

(残り 1048文字/全文: 1296文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ