Dio-maga(ディオマガ)

【熊本vs山形】プレビュー:もっともっとチャレンジを! ゼンシンこそ我々が見せるべき姿

■明治安田J2リーグ 第17節
5月26日(日)熊本vs山形(14:00KICK OFF/えがおS)
———

頼みにしていたホーム2連戦をいずれも無得点で落としたモンテディオ山形。これで5試合未勝利、3試合無得点となった。
誰一人として手を抜いている訳ではない。それでも苦境から抜け出せない現実がある。

浮上するための1勝を掴むために、現状を打ち破るための1点を奪うために、今必要なものは何か。

後藤優介は攻撃面についてこう話している。

「みんな取られることを考えているだけかもしれないです。思いきってシュートで終わる、クロスで終わる、そこに入っていくというパワーを出していければチャンスになる場面が多かったと思います。
そこで自分たちが『大事に、大事に』ということが増えただけだと思うので、そこをチャレンジすることが、今のチームに一番大事なことだと思います。それができれば、得点の形になるかなと感じます」

守備面においても、ここ数試合はアプローチが遅れていたり、セカンドボールの反応が一歩遅れていたり、ライン設定がやや低めだったりと、チャレンジをしないで何かと消極的な選択になることが続いている。

ミスをしたくない、先に失点したくないという思いが強すぎて、攻守においてチャレンジできていないのがここ最近のモンテディオ山形ではないだろうか。

目指すべきゴールは前方にしかない。

(残り 1846文字/全文: 2427文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ