Dio-maga(ディオマガ)

西村慧祐「(3バックは)相手が長いボールを使ってくるので、そこで競ることができる選手を増やす事と、クロスが特徴的で早い段階で上げてくるので、中の人数を揃えるという意図がありました」【山形vs秋田】試合後の選手コメント

■明治安田J2リーグ 第16節
5月18日(土)山形 0-2 秋田(14:03KICK OFF/NDスタ/8,229人)
得点者:16’小松蓮(秋田)30’青木翔大(秋田)
———
〇西村慧祐選手

--今日は3バックで臨みました。意図を聞かせてください。

相手が長いボールを使ってくるので、そこで競ることができる選手を増やす事と、クロスが特徴的で早い段階で上げてくるので、中の人数を揃えるという意図がありました。

(残り 591文字/全文: 793文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ