Dio-maga(ディオマガ)

【フォトレポート】好調小西雄大がチームを活性化させる!

ボランチの一角として好調ぶりをみせる小西雄大。今年の出場機会は、第8節長崎戦から徐々に増えていて、これは渡邉晋監督の言う「8〜14節でボックス入る回数は、飛躍的に上がった」という期間とも一致する。全てではないが、決して無関係な話ではないだろう。

4試合勝利がなく厳しい状況が続くモンテディオ山形。
結果については渡邉晋監督も「申し訳ない」としながらも、「何がやれたのか、やれなかったのかを精査をして次のゲームに向かうような、そういうサイクルは止めてはいけない」と、ネガティブな要素とポジティブな要素をしっかり分析しながら巻き返しを狙う。

(残り 1100文字/全文: 1435文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ