Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs岡山】渡邉晋監督記者会見コメント「本当に粘り強く、最後まで諦めない姿を見せた選手たちを誇りに思います」

■明治安田J2リーグ 第13節
5月3日(金・祝)山形 2-2 岡山(14:03KICK OFF/NDスタ/10,684人)
得点者:51’グレイソン(岡山)58’オウンゴール(山形)73’田中雄大(岡山)90+4’有田稜(山形)
———
〇渡邉晋監督

ゴールデンウィークの非常に天気もいい、暖かくなってきた日差しの中で一万人を超えるサポーターに集まっていただいたことに感謝申し上げます。ありがとうございました。中継先からもたくさんのエネルギーを我々に届けてくれた方がいらっしゃったと思います。ありがとうございました。
残念ながら勝点3、勝利、喜び、歓喜といったものを届けることができず、非常に悔しく思っています。
ただ、ゲームの流れを見ると、先に先制される難しい状況から粘り強く勝点1を取ったというものは、我々にとってベストな結果ではありませんが、しっかりと負けないというところを姿として示せました。
そこをポジティブに捉える面と、もっともっとやらなければいけないものをしっかりと見つめ直して修正していく部分と、その両面を持って残りのゲームに向かっていきたいと思います。
本当に粘り強く、最後まで諦めない姿を見せた選手たちを誇りに思います。

(残り 2924文字/全文: 3438文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ