Dio-maga(ディオマガ)

渡邉晋監督「共通理解という部分に関して言うと、いい進み具合だと思います」【囲ませていただきます!】2月2日-2

〇渡邉晋監督

--練習試合のスコアだけ見ても「どうなのかな?」と思うのですが、監督から見て熊本戦はどうですか?
いいトライはたくさんあります。(1月27日の)藤枝戦同様、熊本戦も全体像の共有ということに関して言うとだいぶ進んでいるので、もちろんエラーもあるんだけど、トライしたうえでのエラーだったり、質とか技術的な部分でのエラーだったり、構造上、自分たちが困らされたというものはものすごく少なくはなってきている。もちろん、質は上げていかなければいけないんですけど、そういうところにも向き合えるような状態にあることは、いいことじゃないですかね。新しい選手がたくさんいるにもかかわらず。

--戦術の浸透度で見れば、この時点では十分に?
もともと明確なプレーモデルがあって、それに基づいた編成があるからこそなんですけど、浸透度というのかな? 共通理解という部分に関して言うと、いい進み具合だと思います。

(残り 1076文字/全文: 1469文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ