Dio-maga(ディオマガ)

【清水vs山形】秋葉忠宏監督(清水)記者会見コメント「最後の最後までアドバンテージを有効に使う、忍耐強さ、したたかさ、ゲーム運びの狡猾さみたいのを含めて、素晴らしかった」

■J1昇格プレーオフ 準決勝
11月25日(土)清水 0-0 山形(13:03KICK OFF/アイスタ/15,742人)
———-
〇秋葉忠宏監督
まずはこの難しい難しいゲームを、本当に選手がよくコントロールしましたし、辛抱強く、我慢強く、ゲームをコントロールしたりマネジメントしたりするという、レギュレーションでアドバンテージがある分、難しい、刻一刻と状況が変わる難しい状況の中で、しっかりと点を奪いにいくところ、最後ゲームをクローズするところ、そういったものをしっかりと使い分けながら、最後の最後までアドバンテージを有効に使う、忍耐強さ、したたかさ、ゲーム運びの狡猾さみたいのを含めて、素晴らしかったというふうに思ってます。
でもそれを全部支えてくれたのは、やはり1万6000人近いサポーターファミリーが来てくれましたし、弾幕に俺等がいるから常に見ろっていう、スタンドを見ろっていう、ああいうメッセージが、もう一度我々に勇気をくれましたし、心を奮い立たせてくれて、ああいう勇敢なゲームができたなと思ってます。
ただあと、もう1試合、勝たなければ、何の意味も持ちませんから、もう一度、あと1試合だけ。この清水エスパルスを愛するサポーターファミリーとともに、この山形さんの思いも背負って、しっかりと最後、もう1試合、必ず勝ち上がって、我々戻るべき場所、J1昇格できるように、またやりたいなと思います。

(残り 1689文字/全文: 2286文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ