Dio-maga(ディオマガ)

【嶋コラム】ボールを持つ勇気がスタイル構築につながった

ロアッソ熊本とモンテディオ山形。プレーオフ2回戦は互いに攻撃的なスタイルが特徴のチーム同士の対戦となった。フォーメーションもビルドアップも攻撃方法も違いはあるが、どちらの監督も自分たちのスタイルを曲げずにここまできており、そのぶつかりあいはきっとこのプレーオフでも見られるだろう。

両監督にある共通項は、監督が掲げた「自分たちのサッカースタイル」を選手やクラブが信じ抜いてここまで戦ってきたことだ。

(残り 1316文字/全文: 1514文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ