Dio-maga(ディオマガ)

熊谷アンドリュー選手「徐々に後手後手になって、山形のやりたいサッカーをやられてしまった」高木俊幸選手「前半はかなりキツい時間が多かった」【山形vs千葉】試合後千葉選手コメント

■明治安田生命J2リーグ 第37節
9月18日(日)山形 2-0 千葉(18:03KICK OFF/NDスタ/8,495人)
得点者:22’加藤大樹(山形)85’樺山諒乃介(山形)
———-

○熊谷アンドリュー選手

Q:前半15分ぐらいまではいい戦いができていたように思いますが、そのあたりはどうでしたか?
「やっぱり、間に入ってきたボールとか、みんなで球際とか戦えてたんですけど、徐々に後手後手になってしまって、失点シーンもそうなんですけど、山形のやりたいサッカーをやられてしまったなという感じはあります」

(残り 1895文字/全文: 2145文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ