Dio-maga(ディオマガ)

【岡山vs山形】レポート:悔しさがもうひとつ、試合巧者の岡山に逆転を許す

開始早々の3分、岡山ゴールキックを足でキャッチしたミッチェル デュークはボールが収まりきらず、周囲を囲まれながらキープに努めたが、結局こぼれたボールは樺山諒乃介が拾い、すぐにターンしてドリブル開始。スピードに乗ったまま送ったスルーパスにチアゴ アウベスが追いつき、ボックスに入るとフリーの状態でシュートを放った。しかし、GK堀田大暉に止められた。モンテディオは最初のビッグチャンスをモノにできなかった。

わずか10日前に戦った相手との再戦になる。山田康太は引き続きベンチ外となったが、スクランブル状態だった前回と比べれば、モンテディオの戦力はかなり充実してきた。4-1の前節・岩手戦に続く連勝で、勝点3差のプレーオフ圏内に一歩近づきたい一戦だ。

(残り 3740文字/全文: 4059文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ