Dio-maga(ディオマガ)

「山形は今日、ここ数試合の中では非常にいい動きしてたと思う。そのチームに対して、やれている部分もあるので、そこは続けていきます」【山形vs金沢】柳下正明監督(金沢)記者会見コメント

■明治安田生命J2リーグ 第31節
8月13日(土)山形 4-1 金沢(19:03KICK OFF/NDスタ/8,035人)
得点者:17’ディサロ燦シルヴァーノ(山形)26’山田康太(山形)68’松本大弥(金沢)75’デラトーレ(山形)90+2’チアゴアウベス(山形)
———-
○柳下正明監督(金沢)
うちの場合というか、普通なんだけども、マークが決まったら責任持って選手についていく、あるいはボール奪うために1対1戦うというのが基本。それをやれない選手、やらない選手がいたら、1点目みたいにフリーで走られる。
人数がいるのにやってない選手がいるから。やっていてディサロと競っている。でもディサロが速くてやられるのはしょうがない。向こうの方が力が上。
0ー2から後半に戦う姿勢を見せてくれたと思う選手たち。でも最後の最後、簡単にバックパスをすると、常々言ってるんだけど簡単に下げないということを、そこから失点するのは非常に残念。またトレーニングで攻撃に関しては前の意識、前に運ぶということをトレーニングしていくし、守備に関しては、基本ベースは1対1、責任持って戦う相手に負けないということをやっていきます。
全てが悪いわけではなくて、山形は今日、ここ数試合の中では非常にいい動きしてたと思う。そのチームに対して、やれている部分もあるので、そこは続けていきます。

(残り 463文字/全文: 1039文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ