Dio-maga(ディオマガ)

岡本一真「初めての公式戦。緊張してたんですけど、試合に入ったら自分のプレーに集中できました」北川柊斗「古巣というのは特別な思いもあるし、絶対ゴール取ってやろうという気持ちはめちゃくちゃあった」【山形vs群馬】試合後の群馬選手コメント

■天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会
6月1日(水)山形 1-3 群馬(19:00KICK OFF/NDスタ/2,052人)
得点者:6’北川柊斗(群馬)24分 横山塁(山形)34’田中稔也(群馬)64’髙木彰人(群馬)
———–
○岡本一真選手

Q:初めての公式戦となりましたが、緊張はありましたでしょうか。
「試合前からだんだん緊張が高まってきて、試合に入る前まで緊張してたんですけど、試合に入ったら自分のプレーに集中できてました」

(残り 2142文字/全文: 2363文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ